整形へ一歩踏み出す|美容外科は女性のキレイを叶える専門店

なりたい姿になれる

顔の手入れ

テレビCMや雑誌広告などでよく美容整形クリニックの広告を目にします。目を大きくしたり、二重にしたり、鼻を高くしたり、ウエストを細くしたり、顔を小さくしたり、なりたい姿に変えてくれるものが美容整形です。この整形には長い歴史が存在しています。ちなみに一体、いつ頃整形はおこなわれたのでしょうか。それは、とても古くから行われていました。紀元前500年前から行われていたのです。インドの医学者によって書かれた医学書には、外科手術によって鼻を高くしたり、形を整えていたことが記載されています。そのスシュタルの医学はローマ、ギリシャ文化圏にまで広がりました。ルネサンス期には、イタリアで世界初の美容外科の教科書が発表されているのです。20世紀になると戦争によって負傷した人たちの顔を治すために美容外科の要素よりも形成外科の要素が強い手術が多く行われてきました。その後、1930年代に美容外科が確立しました。日本でも1968年2美容外科が確立しました。その後、様々な整形が行われて、現在のように、プチ整形と呼ばれるような簡単にできるものも誕生し、整形に対するハードルも低くなっています。

多くの人の理想を叶えてくれる整形で気をつけることとは何でしょうか。それは、整形手術にもリスクが伴うことです。プチ整形と言われるものでといくら顔にメスを入れないからといっても思っていたもの、姿と違った、失敗だと思うこともあります。そうならないためには、医師任せではなく、しっかりと医師に自分のなりたい姿やどんな治療を行うのか、また、その治療のメリット、デメリットなどもしっかりと確認することが大切です。また、治療費に関しては、健康保険適応外治療となるため、費用は全額自己負担となります。そのため、かなりの費用がかかります。しっかりと医師にどのくらい費用がかかるのか、また、通院はどのくらいしなければならないのかなど細かい点もしっかりと確認することです。また、その確認時に対応が悪い医師やはっきりと費用の説明がない医師などは後々、トラブルにもなりかねないので他の医師に治療を行ってもらうか、また、クリニックを変えるかなどの対応も検討することも大切です。また、その治療において実績のある医師に手術してもらうことも重要です。そのためには、しっかりと整形を行う前に医師とのカウンセリングを行うことが大切です。失敗しないためにも事前に時間をかけて吟味していきましょう。いまは口コミサイトなどのあるので、自分なりに情報収集することが可能となっています。